お世話になっている皆様へ
社長が従業員に、従業員が社長に、お客様が会社に
「感謝」し合う企業創りに貢献する。
これまで1,000社に及ぶ企業様の研修をさせて頂いた中でずっと感じてきた事。

「満たされていない企業」と「満たされている企業」があることです。
そして事業をやる以上もちろん「利益」を出さなければなりません。
その「利益」を出すために必要な事、そしてそれを「拡大」し「継続」するために
成功している企業にしかない「秘密のトライアングル」があることを見つけました。
それが、「社長と従業員とお客様の感謝のトライアングル」です。
あなたの会社、事業はいかがでしょうか?
社長
会社を立ち上げる時、喉から手が出るほど欲しかった「社員/従業員」。それは理念や夢を達成するための大事な「仲間」であったはずです。
それが昨今、「使える、使えない」でカテゴライズされ、「辞める辞めない」で安定せず、
さらには、そもそもの縁は立ち上げた「社長」であるはずなのに、社員やお客様にも感謝されない…そんな企業をたくさん見ます。
本当にそのままで、会社が発展するのでしょうか?
または感謝もされず、感謝もせず、利益だけあがればそれで良いのでしょうか?
社長さまは従業員やお客様に本気で感謝出来ているでしょうか?
社長
従業員
給料をもらうのは当たり前。会社があるのも当たり前。
労働生産性も考えられず「自分」だけの尺度でモノを考え、「あれがあれば」と無い物ねだりをし、
自分で選んだ会社であるはずなのに「嫌々」出社し、さらには愚痴と意見の区別もつかず、全うな事だけを主張する…そして「仕事」ではなく「作業」になってしまう。。。
「本気」で働く事の素晴らしさを知らない従業員が変わるために、まず必要なのは「感謝力」と「気づき力」です。
社長にとって、大事な大事な従業員のはずです。
売上と利益さえ出れば、本当にこういった従業員だらけでも良いのでしょうか?
短期的な経営戦略や広告宣伝より「先」にやることがあるのではないでしょうか?
いつまでも社長が中心の企業、従業員が育たない企業で良いのでしょうか?
従業員
お客様
お客様は、あなたの会社の売上が伸びる事を求めているのでしょうか?
本当に「拡大し、継続する企業」には、たくさんの「ファン」がいます。
お客様「が」、会社、商品に感謝しています。
あなたの会社は、会社の中「だけ」を見てはいないでしょうか?
お客様はあなたの会社に「効率化してほしい」と思っているのでしょうか?
お客様の視線で御社を、御社の商品を観たら、どのように感じるのでしょうか?
お客様が「本当に求めていること」は何でしょうか?
お客様
株式会社心は、すべての始まりは「感謝出来る心」にあると考えています。
「感謝」は押し付けても、説得しても身に付きません。
「自ら気づく」事と「本気になる事」。
それを、弊社独自の「感謝のトライアングル研修」で確実に引き出します。
もう、売上だけ見て、人が辞めていく会社経営を辞めませんか?
もう、売上だけ見て、人が辞めていく会社経営を辞めませんか?
今後、御社が発展し、さらには日本の多くの若者や社長、
そして海外からも「憧れられるモデル企業」になる為に
私たちは、社長、従業員、お客様の「感謝のトライアングル」を軸として、
時に鬼となり、時にエンタテイメントを提供し、
「圧倒的企業」を創り上げるお手伝いをさせて頂いております。
すべての経営の土台。それは「本気で褒める。本気で叱る。本気で感謝する」
多くの経営者の方が、採用や教育、人事制度、マネジメントに苦悩されています。
そして巷では「褒めて伸ばす」「人事制度が変える」「ノウハウ」と騒がれています。
さらには「現時点の会社の問題、ニーズ」を徹底して調査せずに、研修を「型」にして「モチベーション」ではなく「テンション」だけ高くなる「押し売り研修」が多々蔓延しております。果たしてそれらには、どれほどの効果があるのでしょうか?

私たちは、「感謝のトライアングル研修」を通じて
「本気で褒めるとは?」
「本気で叱るとは?」
「本気で感謝するとは?」
を社長、従業員の方達に徹底的に向き合って頂き、
会社が発展するための「土台」を構築するお手伝いをさせて頂きます。
すべての経営の土台。それは「本気で褒める。本気で叱る。本気で感謝する」



最後に
私がまだ駆け出しの頃、ある会社の研修中、こんな事がありました。
「もし明日、会社が倒産するとしたらどうするか?」
その会社の社長はその質問に対して「自分の家族をあと回しにして、無一文になってでも、まずは従業員の給与を確保します」と答えました。
その会社の従業員は「私は社長が好きなので、この仕事が、会社が好きなので、おそらくまた同じ事を社長と一緒にやろう!と言うと思います」
そしてその会社のお客様である方は「あの会社が潰れてしまったら、こちらが困るからね。。。いっぱい注文してなんとかしようとするかもね」というお答えでした。
若い頃の駆け出しの私にはこの現象が信じられませんでした。
私自身も就職しながら「売上命」になったり、「愚痴、誹謗や権利の主張」をした事があったからです。

もちろん今でもその企業は続いています。そしてこの事件が私にとっての大きな転機になりました。「自分が関わるすべての企業に、そうなってほしい。自分もそういう会社を創りたい」

社長は従業員やお客様に本当に感謝していないのでしょうか?
従業員は社長やお客様に本当に感謝していないのでしょうか?
そんなことは決してありません。

*うまく伝えられない
*当たり前になってしまっていて、気づけていない
*距離が近すぎて、遠すぎて、何を言っても伝わらない「空気」が出来上がっているだけ

だと私たちは考えます。

私たちが出来る事は、第三者として研修をさせて頂き、感謝のトライアングルを「創る」、または「取り戻す」ための「通訳」です。
普段、「感謝のトライアングル」が出来ていない企業の社長が「感謝しろ!」と二人称の関係でいくら言っても変わりません。
そこに第三者が入り、三人称の関係でお互いに、自分から「気づく」。
強制されたのではなく、「自分から気づく」事ができたら、「継続」します。
私たちの存在意義は、そこにあります。

どうか、売上や利益だけに囚われ仕事をしないでください。
どうか、中途半端に、適当に働く従業員を放っておかないでください。
どうか、感謝もされずに仕事をしないでください。

上記に賛同して頂き、「本気で変わり続け」「進化していこう」と思われる企業様のみ、一緒にお仕事をさせて頂いております。
ご縁を頂き、御社に「感謝のトライアングル」という土台が出来、「本気の企業」に生まれ変わって業績発展に必ず繋がるよう、
弊社一同「本気」で尽力させて頂ける事を心待ちにしております。

貴重なお時間を割いて頂き、ホームページをご閲覧頂き、誠にありがとうございます。

そして、いつも研修をさせて頂き、感謝のトライアングルを築き上げて、さらに成長しようと日々尽力されている関連企業様。
いつも本当にありがとうございます。
弊社も企業としてさらに成長し、引き続き皆様に対して全力を尽くしていく覚悟です。
最後に